ごあいさつ

 ここ5年来、南澪会会長を拝命しております、1976年(S51年)B1経済学部卒業の辻でございます。本会のホームページを立ち上げるにあたり、ご挨拶申し上げます。

 1926年に、わが大阪市立大学グリークラブが郭 再強氏によって創立され、その15年後、OB会の組織としてわが南澪会が組織されました。現在まで、何度か休止状態に陥りながらも、今日までその活動の火を絶やされず継続してこられたのは、歴代会長はじめ、OB諸氏のおかげと感謝申し上げます。

 

 さて、世間的には、女子学生の増加による、必然的な、グリーメンの必須要素である男声を持つ学生の減少など、各種の外部要因の変化により、この10年以上現役部員の減少に、市大グリーをはじめ、どこの大学の男声合唱団も悩まされております。

 わが南澪会も、会の目的こそ「会員相互の親睦」、そして「現役部員の支援」、更に「活動記録の保存」に据えておりますが、今の最優先課題はOBのルーツたる市大グリーの振興にあると考えております。グリー創立100周年に向けて、いえ、150周年、200周年に向けて頑張っていかねばなりません。

 

 今後予定されている府立大学との統合など、私たちにとっても見通しにくい環境変化が起きると思われますが、OB諸氏におかれましては、今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします。                    2016年6月  辻 秀郎